歯医者の例で考えるニーズとウォンツの違い。なぜウェブメディア立ち上げに事前の顧客調査が大事なのか?

自宅とカフェの往復ばかりで半径、1キロ圏内で過ごしている私です。
徒歩30秒にスタバとモールがあるので、家に飽きたら行ったり来たりしているのですが、毎日歩いているので飽きて、モールに行っても何もせずに帰ってくるということがここ数日続いています。

息抜きにコンビニ行くけど、コンビニで買うものがなくて、ずっとそこでどうしようか迷う感じです。
わかる人にわかってくれると思います、この気持ち(笑)。

数ヶ月前から新しいプロジェクトとして英語ではないジャンルでの、メディアの立ち上げを行なっています。
元々、私は特にジャンルは拘っていないので、なんとかなると思っていますが、書籍を買いまくったり、話を聞いたり、動画を見たりして勉強しないと厳しいですね。

今回はその立ち上げ時に重要である、ニーズとウォンツについて改めて考えたのでメモを残します。

ウェブサイトを作るにあたっては、なんといっても商品ありき、顧客のターゲットありきです。
売る商品を決めずにサイトを更新し続けるのは、何を釣るか決めずに海に出るようなもので、偶然釣れるかもしれませんが、かなり紆余曲折してしまうと思います。
これは当たり前のように思えますが、いわゆる雑記ブログをやっている人たちにある傾向です。自分が紹介したいものだけを紹介してお金を稼ぐみたいかのが一時的に流行りましたが、本人のカリスマで勝負するならありえないこともないと思いますが、プロフィールにイラストを貼っている程度の覚悟と、全然深くないレビュー、その方ではなく他の方も紹介している価値の低い記事をどんなに量産しても、稼げることはないと思います。

グーグルアドセンスに頼るのも厳しいかなと。そもそもグーグルアドセンスは商品選定をいってみればグーグル任せです。自分のサイトが専門的に鳴っていないということの表れと言えます。ブログでなはなく、youtubeでも同じです。youtubeでもジャンルに特化せず好きなものを紹介してうまくいくのは、ファンを獲得している方々だけです。
そういった方々でさえ、ある程度ジャンルは絞っているはずです。

youtuberを見ても本当に賢い人たちは広告で稼がずに、自分のメルマガに登録させたり、何か別の独自コースを用意してそこで販売したりしています。なぜならyoutube広告はグーグルアドセンスと同じですし、企業タイアップはいわば単発稼ぎになってしまうからだと思われます。

なので、まずは売る商品をきめてからの市場調査、顧客の調査に入ります。

顧客の調査をする上で大事なのが、ニーズとウォンツです。
要はどの程度のその商品やサービスが欲しいかということを考えます。

ここで歯医者の例がよく出てきますが、歯の治療(特に虫歯や歯が欠けているなど)は必要性に迫られているので、お客さんとしては非常にニーズの高い方になります。
緊急性が高いので、こういう人にメッセージが届けばすぐに歯の治療を真剣に考えてくれるはずです。実際に私の妻も先日虫歯になり、歯の治療をすることになりました。そうなってくると値段が多少高かろうが、良い先生にやってもらいたいと思うので、金額よりもスピード重視になります。実際に3つほど金額の違うオプションを紹介されましたが、「一番高いのでいいから一番安全に、出来るだけ早い日にちでよろしく!」という感です。

逆に、歯の予防となるとニーズが全くないと言っても過言ではないので、こういう方々に売るのはめちゃめちゃ大変になります。私のように歯を年に何回かクリーニングに通う人もいるでしょうが、一般的には予防として通院する人はあまりいないと思いますので、顧客への教育が必要になります。そうなると手間がだいぶ変わってきますよね。

私自身も知人には医者がいて、何回も教育を受けてきたから歯の重要性を理解して、歯医者に定期的に通うようになりました。

新しいジャンルをやる場合でも、ニーズがないところに対して掘り起こすのか、それともある程度強いニーズがあるところで戦えるのかで大きく異なります。

そして出来るならニーズがないところよりは、ニーズがあるところで、かつ今までとは違う別の切り口で攻めたいところです。ニーズがないところに必要性を作るためには、お客さんが気づかないところを気づかせてあげる必要があります。

例えば、定期的な検診をしないと虫歯になりますよ。虫歯になると大変ですよ。だからとりあえずレントゲンだけでも・・・みたいな感じです。

余談ですが、うちの妻は定期的な検診はしてたのですが、海外ではレントゲンを撮ることが当たり前ではなかったので、気づけない箇所があり、虫歯になってます。日本ではあり得ないのですが、ほんと海外って感じです。。。
もし、うちにそんなダイレクトメールが入っていたら、うちの妻と私のお金が救われたでしょうね(笑)。というわけで、必要のない人に売り込むというのは、一見悪いように見えますが、実はこういう気づかない問題点を気づかせて解決に向かわせるという意味で、意義があることだとこの記事を書きながら改めて思いました。

というわけで、仕事を受ける際には、最初にニーズがあるかを確認しています。

今思えば私がやっていたフィリピン留学というのはニーズがそこまで強くないジャンルだったのかもしれません。少なくとも「フィリピン留学をしなければ、仕事のキャリアに関わる、まずい!」なんていう人は少数のはずです。

だから、ニーズの掘り起こしから始めなければいけなかったのですが、8年もこの業界にいたにも関わらず、そこまでできていませんでした。元々海外志向や、本当に英語の必要性があって、休める人しかリーチできなかったんだと思います。

今回の引き受けたジャンルは強いニーズはないまでも、十分可能性があるジャンルです。市場は昔からあり特定のサイトが既にブランド化されています。記事自体は強いわけではありませんが、ブランド化されているのは非常に大きな強みですね。

なので、真正面からぶつかっても難しいので、切り口を変えて別カテゴリーを作るイメージで勝負していかなければいけません。

いずれにしても今回私がお伝えしたいことは、記事のキーワードやライティング技術、SEO、など色々なテクニックの前に、お客さんの需要を確認するところからスタートすることが大事なのではないか、そこに時間を使うべきなのではないかということです。

英語を必要としている人もニーズが強い人もいればそうでない人もいます。
歯医者の例もそうです。

出来るだけ緊急性が高く、今すぐ欲しい!と思ってくれる人は誰なのか、どうやったら自分の商品サービスをその人たちに売れるのか、を考えることは何よりも重要ではないかと思った今日この頃でした。

SAITO JUN
SAITO JUN
株式会社reminisceの代表 中央大学数学科を中退、25歳までフリーター、26歳で1年通販のネットショップで働いた後にアフィリエイトで独立。 1年後、目標のボーダーラインに達し、また1日1〜2時間前後で済む流れができたのでフィリピン留学を決意。 留学するまでTOEIC300点台、英会話力ほぼゼロだったが、4ヶ月の留学で英会話力が伸びるコツを会得。 独学で全然身につかなかった英会話が、フィリピン留学で身につけれたことに感動を覚え、帰国後多くの方にフィリピン留学のすばらしさを知ってもらいたく、自身の経験を元に2013年から俺のセブ島留学(マナビジンの前身)としてサイトを立ち上げる。 幸いほとんどライバルらしいライバルがいなかったこともあり、フィリピン留学関連サイトとしてアクセス数トップクラス。アフィリエイトサイトはそれを機に一部を残して売却し、留学メディアとコンサル事業に集中。 コロナ後は自社メディアをいくつかと、クライアントのメディア立ち上げ、コンサル(アドバイスだけでなく、企画・集客、ディレクションまで)を行っています。

Similar Articles

Comments

Most Popular

2020年残り1ヶ月になって思うこと

2020年も早くも残り1ヶ月になりました。 そんな残り1ヶ月となって、悲しい出来事が2つありました。 一つ目は1...

ひろゆき氏のyoutubeライブの面白さに脱帽。再生を止められなかった理由

先日たまたまyoutubeで上がってきていた、ニコニコ動画や2ちゃんでおなじみの「ひろゆき氏」のyoutubeを見始めた...

ウェブメディア運営方法 外注さんに記事依頼する際に使えるテンプレ2選

外注に仕事を依頼するときに使える、文章のテンプレート2選 あなたは外注さんに文章を依頼するときに、 「どうしてこ...