ビットコインに学ぶ売りどきの難しさ、売却・撤退は本当に難しい・・・

最近ビットコインの高騰がすすんでいますね。
今朝見た段階で200万円に到達するのではないか。。。という感じでしょうか。

私、人生で億を手に入れるのを失敗したのが2回ほどあります。
1回目はこのビットコイン、正確には別の仮想通貨を購入していまして、それが所持している金額が最大3億円ぐらいいったんですよね。

あの時にちゃんと換金しておけばよかったのですが、当時は3億円まで一気に行ったので、一緒に投資した友人たちと「あ〜これで上がりか」とか調子に乗ったことを言っていたのですが、その後の暴落です(笑)。

それまで多少の投資はしていたものの、あそこまでになるのは人生でも始めてだったので、完全に調子に乗っていました。

よく周りの人たちは数千万円でも利確すればよかったのにーといいますが、毎日にように数百、数千の金額が動いている中で、あそこで利確は本当に難しいと思います。
数百万ぐらいだったら気にしないかもしれませんが、1000万単位がうごくと売るタイミングはめちゃめちゃ重要になってきますので、結局多くの人が利確できずに終わるだとよくわかりました。もちろん、私もその一人です。

そう考えると、与沢翼さんは本当に利確のタイミングも素晴らしいですね。あの下がってきたタイミング(しかも今振り返ると一瞬盛り返した箇所付近)できちんと売ったというのが、本当にすごいです。あの決断は私のような素人にはできません。ビジネスでは事業の撤退が一番難しいと言われていますが、まさに投資でもそうですね。

失ったチャンスや金額を気にせず、冷静に利確ができるか。これは本当に大事です。口で言うのは簡単ですが、実行は極めて厳しいですよ、その局面になったら。経験者は語る!

学んだことは2つです。
1, 友人のアドバイスを聞いて、利確損切り忘れずに
シェアオフィスの仲間、友人は利確したほうがいいんじゃね?と言っていましたが、「いやいや、まだまだいきますよー」なんて自分ではいっていました。友人はよく見てますね。今思えば友人に言っていることは正しかったです。これからは出来るだけ友人の話を聞き入れたいと思います。

2,投資は最初の最初に入れることが一番大事だということ。
ビットコインでもそうですが、ビットコインが1万円のときに入れるのと、100万円のときにいれるのでは、その後のポテンシャルが全然違うんですよね。
値段が安いときに1万円でもいいから投資しておく事が、本当に大事だとわかりました。

期待値が高いのであれば、とにかく片足だけでも突っ込んでおく。突っ込まなければ全くのゼロですが、突っ込んでおけば化けた時に大化けする。
この大事さがよくわかりました。逆に既に有名になった時につっこんでもあまり意味がないですね。

これはビジネスでもそうだなと思いました。人がやっている所に同じようなもので突っ込んでも、どうやっても旨味がありません。資本力が高いところが勝つ可能性が高いので、やはり周りの人が気づいていない市場や気づいていない角度から行うことが、最も大事だと感じている次第です。

その点、セブ島留学のビジネスは多少良かったと思います。

失敗談のもう一つはそのセブ島留学のビジネスです。
こちらは2018年ぐらいにアトピー関連で体調がものすごく悪くなって、ウェブサイトを運営しているどころじゃなくなったんですよね。
その時に売ろうと思ったら当時のバリューは最初の1社目でありがたいことに億の提案を頂きました。

最終的には上場企業だったのでDDがあり、まあそこまではよかったのですが、価格で双方での税抜、税別の食い違いがありました。ここで2000万円ぐらい差がでてしまってどうする、みたいなところで折れずに売れなかったのがあります。(正確にはそれ以外にも多少いくつかの要因がありましたが)。

今冷静に考えれば、まあ2000万こっちが折れたとしても問題なかったのですが、その時はギリギリの交渉をしてたんで、、、、いやー、手放すって難しいですね。

あそこでこれまた別の投資家から言われたのが、ああいう時は「予想以上に仮に、バリューが下がったとしてもさっさと手放すんだよー」と言われましたが、まさにそのとおりだったと思います。

2012年にアフィリエイトサイトを売った時は1千〜2千万だったので、さっと手放せたのですが、2018年はいけてなかったですねー。

現在はそもそも留学事業が駄目なのでバリューは全くつきませんし、私はこれからもこの市場はそこまで戻らないと思っています。
ちょうどいいタイミングなので、このコロナ後に改めて事業を見直してビジネスらしいビジネスをしようと思っています。

そもそも今思えば以前のものはサイトとしてビジネス(ファネル)にはなっていなかったと思います。
きちんと顧客リストをとって、ニーズに合った価値ある情報を提供し、顧客との関係を築いていくという当たり前のことが、私はできていなかったのでそれに気づけてよかったです。

幸い、自社サイトだけでなくメディア事業をいくつかやらせてもらっている関係で色々見えてきます。伸びている市場に対しての手伝いなので結構楽しいです。
自身のウェブサイトにも反映させれるし、自身のウェブサイトを運営しているから、他社のウェブサイトにも反映できて、このビジネス一石二鳥ですね、笑。

ただ、コンサルないし委託ビジネスはうまくやらないと人件費以上は稼げないとも思いますので、そこはビジネスモデルの転換が必要でしょうねぇ。

借金を背負ったときに撤退できるか!?
私は幸いビジネス的に借金を背負うことはほとんどないので、その点では問題ないのですが、多くの大型のビジネスは銀行や投資家からお金を借りていると思います。

私の知人でコロナ禍でダメージを負った方がいるのですが、投資家からお金を借りているため、バイアウトや撤退に踏ん切りをつけれない状況に追い込まれています。
確実に借金を背負ってでも、一旦キャンセルしてやり直せるのか、それとも誰かを探すのか、周りは冷静なのでどういう状況かは判断できますが、本人はかなり難しいんだと思います。

しかし、やはり周りを見てみると他のうまくいっている経営者はコロナになってからすぐに、事業撤退しています。
それぞれの事情は異なるので一概に言うことはできませんが、いずれにしても引き際が肝心だと思った今日このごろでした。。。

SAITO JUN
SAITO JUN
株式会社reminisceの代表 中央大学数学科を中退、25歳までフリーター、26歳で1年通販のネットショップで働いた後にアフィリエイトで独立。 1年後、目標のボーダーラインに達し、また1日1〜2時間前後で済む流れができたのでフィリピン留学を決意。 留学するまでTOEIC300点台、英会話力ほぼゼロだったが、4ヶ月の留学で英会話力が伸びるコツを会得。 独学で全然身につかなかった英会話が、フィリピン留学で身につけれたことに感動を覚え、帰国後多くの方にフィリピン留学のすばらしさを知ってもらいたく、自身の経験を元に2013年から俺のセブ島留学(マナビジンの前身)としてサイトを立ち上げる。 幸いほとんどライバルらしいライバルがいなかったこともあり、フィリピン留学関連サイトとしてアクセス数トップクラス。アフィリエイトサイトはそれを機に一部を残して売却し、留学メディアとコンサル事業に集中。 コロナ後は自社メディアをいくつかと、クライアントのメディア立ち上げ、コンサル(アドバイスだけでなく、企画・集客、ディレクションまで)を行っています。

Similar Articles

Comments

Most Popular

2020年残り1ヶ月になって思うこと

2020年も早くも残り1ヶ月になりました。 そんな残り1ヶ月となって、悲しい出来事が2つありました。 一つ目は1...

ひろゆき氏のyoutubeライブの面白さに脱帽。再生を止められなかった理由

先日たまたまyoutubeで上がってきていた、ニコニコ動画や2ちゃんでおなじみの「ひろゆき氏」のyoutubeを見始めた...

ウェブメディア運営方法 外注さんに記事依頼する際に使えるテンプレ2選

外注に仕事を依頼するときに使える、文章のテンプレート2選 あなたは外注さんに文章を依頼するときに、 「どうしてこ...