モンハンに学ぶ、英語学習における成功の秘訣

朝早起きを実現するためにモンハンをやっているサイトウです。

会社員ではなく、かつ自宅での仕事をメインとしているため、仕事の就業時間がバラバラになっていることに困っていました。

そのため、色々な方法を試した結果、現在は「ゲームをやるためなら起きれるのではないか!?」という仮説をたてました。

それでも一人でゲームをやろうとすると、睡眠の魔力に勝てません。
なので、朝早く起きるためには一人で起きようとするのではなく、友人と協力プレイをする約束をとりつけ、暇な友達を誘ってモンハンの早朝プレイを始めました。

この計画自体は2週間たっていますが、大成功しています。
友人とモンハンをするために、毎朝その時間には起きる癖が付きました。

人は自分との約束よりも、人との約束を守りやすいと言われています。これは効果ありです!

ただし、問題があります。

モンハンが面白すぎて、1時間どころではなく、もっとやってしまうことです。
いえ、正直言います。5日間でモンハンワールドをクリアしてしまいました。

自分が何時間やったのかを見てショックを受けてます。
自分の時給をいくらと計算して、そこでゲームをやった時間を掛け算すると、なんて無駄な時間を過ごしてしまったのかと思うわけです。

それにしても、今思えばこの自分が何時間そのゲームに費やしたかわかるこの仕組み、なかなか頭いいです。

自分が何時間やってどこまで進んでいるかを無意識に気にしてしまいます。
もし、総ゲーム時間がわからなければ、他人と比べるのが難しくなってしまいますよね。

「時間を測る」というたったこれだけの違いでも、モチベーションに大きく影響するわけです。

英語学習でも時間管理ができれば!?

例えば、ゲームのように勉強し始めた段階で過去に何時間やったのかを表示させることができれば、恐らく自信につながるでしょうし、自分が今どのぐらいの場所にいるのかがわかります。

ただし、それは総何時間やれば英会話ができるようになるという目安がわからないと意味がないです。

FFのようなRPGであれば、だいたい30時間〜50時間ぐらいやればエンディングにたどり着きます。
モンハンは何時間かわかりませんが、友人は400時間やってたというので、そのぐらいかかるのかもしれません。

英会話学習はどうでしょうか?

QQEnglish(オンライン英会話スクール)の2044人の統計データによれば、100時間前後で成長が一段回上がっている人が多いため、まずは100時間を目安にしましょう。
もっとも100時間で英会話が喋れるわけではありませんが……

英会話が何時間で喋れるようになるかは、こちらのグローバルエリートコース内に目安を書いてあります。
http://global-elite.ceburyugaku.jp/

いずれにしても英語学習においても1週間単位で一体どのぐらい学習したのか、計測してみることが大事ですよね。

時間管理がめんどくさい場合

まず重要なのは総学習時間です。
ただし、実際やってみると時間管理は結構難しいです。

その原因はなにかといえば、私達自身が時間管理しなければいけないことにあります。

アプリのタイマーを立ち上げて計測したり、ノートに記録したり、最近はもう少し楽なやり方もあるかもしれませんが、どれも大して変わりません。

その点ゲームは、ログインしたら勝手に記録してくれるので楽です。

勉強も学習し始めたら勝手に時間を計測してくれる方法はないのでしょうか?

・・・・

そんな方におすすめなのが、オンライン英会話です!
オンライン英会話なら、参加すれば勝手に累計時間を計測してくれるからです。
*オンライン英会話へログインすれば、管理画面に必ず出てくる

もし自分で時間計測するのがめんどくさい、よく忘れちゃうという方であれば、ぜひオンライン英会話を利用して学習するのをおすすめします。

SAITO JUN
SAITO JUN
株式会社reminisceの代表 中央大学数学科を中退、25歳までフリーター、26歳で1年通販のネットショップで働いた後にアフィリエイトで独立。 1年後、目標のボーダーラインに達し、また1日1〜2時間前後で済む流れができたのでフィリピン留学を決意。 留学するまでTOEIC300点台、英会話力ほぼゼロだったが、4ヶ月の留学で英会話力が伸びるコツを会得。 独学で全然身につかなかった英会話が、フィリピン留学で身につけれたことに感動を覚え、帰国後多くの方にフィリピン留学のすばらしさを知ってもらいたく、自身の経験を元に2013年から俺のセブ島留学(マナビジンの前身)としてサイトを立ち上げる。 幸いほとんどライバルらしいライバルがいなかったこともあり、フィリピン留学関連サイトとしてアクセス数トップクラス。アフィリエイトサイトはそれを機に一部を残して売却し、留学メディアとコンサル事業に集中。 コロナ後は自社メディアをいくつかと、クライアントのメディア立ち上げ、コンサル(アドバイスだけでなく、企画・集客、ディレクションまで)を行っています。

Similar Articles

Comments

Most Popular

モンハンに学ぶ、英語学習における成功の秘訣

朝早起きを実現するためにモンハンをやっているサイトウです。 会社員ではなく、かつ自宅での仕事をメインとしているため...

オンライン英会話スクールを選ぶなら「専用アプリ」のありなしは要チェック!

以前、オンライン英会話スクールを調べたときに、数に圧倒されたサイトウです。 自社サイト、マナビジンでオンライン英会...

ビットコイン500万円の爆上げよりおすすめのインカムゲイン方法とは!?

ビットコインが爆上げするなか、PS4を買ってモンハンのセットアップをしているサイトウです。 ビットコイン420万突...