ビジネスクラスで行くハワイ留学、略してビジハワ留学
この記事はセブ島留学マナビジン(元俺のセブ島留学)の管理人である斉藤のハワイ留学備忘録、メモです。

ハワイに到着したその初日にいきなり滞在予定先でトラブルになりました。

ホテルズドットコム経由で申し込んだのですが、コンドミニアム型のこの宿泊施設がオーバーブッキングになっていたんですね。
ハワイといえばアラモアナかワイキキというイメージだったので、便利そうなアラモアナホテル(マントラ)を予約しようとしたところ、近くに安いコンドミニアム(by ホスティエ)があるじゃないですか。

https://jp.hotels.com/ho1040122720/ara-moana-bai-hosutie-honoruru-amerika/
では同じようなものならこちらでもいいのかと、安い方を予約。

それが全ての間違いでした。。。

ハワイでタクシーに乗ったものの、このホスティエというコンドミニアムがよく分からず、アラモアナホテル(マントラ)にとりあえず到着。
そして、アラモアナホテル(マントラ)の受付でチェックイン出来るのか、スタッフに確認しようとして判明しました、めんどくさいことが。

どうやら、アラモアナホテル(マントラ)とアラモアナホテル(by ホスティエ)は、近場にある(?)のですが、オーナーがそもそも違うようです。

ネットで確実に予約を入れているのに、アラモアナホテルの受付で(by ホスティエも確認できるらしいが)そもそも予約リストに入っていないと・・・

え?ホテルズドットコムで予約したのに、予約が入ってないってどういうこと!?

ということで、オーナーやその運営電話するも、

繋がらない・・・

アラモアナホテルの受付に聞いたところ(その話を信じるのであれば)、ここは実は非常に評判の悪いホテルのようです。

元々ネットで予約できる数よりも少ない数の部屋数しか用意していなく、オーバーブッキングを前提にしているとか。
オフィスはラスベガスだかLAだか、どこかアメリカ本土にあるらしくて、ハワイにありませんから足を運んで確認が出来ません。そして電話も繋がらない。

お金を持ってトンズラする事もあるとか、ないとか。。。

また、アラモアナホテル(マントラ)はハワイ特有のリゾートフィー25ドルがないのですが、by ホスティエは到着してから請求されます。
リゾートフィーについてはこちらが詳しいです。
https://www.hawaiiantowns.com/hotels/resort-fee/

更には、タオル交換に20ドルかかったり、WiFiが繋がらなかったり、、、結構サービスがひどいらしいです。

まあ、これは色々なホテル予約サイトを見てもらえれば書かれている内容かと思いますので、事前に確認しなかった私が悪いわけですが、それはまだOKです。ただし、泊まれないのはさすがに困ります。

もしこのオーバーブッキングが意図的なら(レビューサイトを見る限り私以外にもたくさん被害にあった方がいるようですが)、もはや詐欺師といっていいのではないかと。。。

ホテルズドットコムはこんなホテルを掲載しないでほしいですねぇ。

というわけで、さすがに1週間のステイを予定していたので、これはどうしたものかとホテルズドットコムに連絡を入れました。
参考にさせてもらったのはこちら
https://5cebu.com/2018/10/19/hotels-book/

スカイプ経由で国際電話をすると意外と安いので、今回はスカイプを利用。

電話自体は比較的早く繋がり、最初は日本語が使える外国人(アジア人)が対応するも、状況確認やら電話を他の場所へ流すやらで、30分ぐらい消費。

その後、日本の営業部署が営業時間外とのことで、今度はいきなり英語でコミュニケーションスタート。

一応、英語は習っているから状況説明はできましたが、これ英語ができない人だったらアウトなシチュエーションです。

そして、とにかく「ホテルを予約したけど、入れない。キャンセルして返金してもらうのもあるけど、とにかく別のホテルかつ、今申し込んだら同じホテルでも高くなってしまうので、多少はそれも考慮して別のホテルで予約をしたい。」と伝え、

「分かった。代わりにホテルを予約するから少し待っててくれ」

といって、外国人が私のためにホテルを探し回っているところで・・・・・・

ブツっ!

うおおおおおおい!!

そうなるんじゃないかと思ってたけど、やっぱりなったww

スカイプ切れて、もう一回電話かけ直し。

からの、また日本語ができる外国人へ状況説明→→→→10分ぐらい待って、→→→→今度は日本の営業部署が営業時間になったのでオープンし、そこで日本人担当者の方に繋ぎ、なんとか別のホテルを予約してもらいました。

ジェットラグで疲れているところにたらい回しにされ、もはや気力がなくなったので、勝手にアラモアナホテルをその日だけ予約。すぐに部屋に荷物を置き、座って待っていると。。。

国際電話がかかってきました。「アラモアナホテル(マントラ)が空いていたので仮押さえしましたと。。。

当初泊まるホスティエよりも良い本物のアラモアナホテルを予約してくれ、かつ支払いに関しても差額を請求することなく、ホスティエに支払った金額で泊まらせてもらうことができるとのことで一発OK!

結果的にはグレードアップした形になりました。

とはいえこれに消費した時間は最後のメールのやり取り含めて2時間以上+またアラモアナホテルのスタッフに状況説明をするため更に時間がかかりました。初日は時差ボケで眠かった中で色々やったので疲れました。

ホテルズドットコムの電話が電話を取ってからの対応は、比較的早くきちんと対応してくれました。そこは非常にありがたかったです。ただ、そもそも電話に出るのに時間がかかったり、別の担当部署につなぐのに時間かかるので、たまに何かしらの理由で切れるスカイプでの電話は控えたほうがいいかもしれませんね。

ということで今回の教訓

1,ホテルはアラモアナホテル(マントラ)に泊まるべきであり、byホスティエは絶対泊まってはいけない。
ホスティエの現地での評判の悪さ、半端ないです。

2,ホテルはケチらずちゃんとレビュー評価の高いところへ
自分がホテル代をケチったためにこういった事が起きたわけです。最初からアラモアナホテルに予約しておけば、こんなことにはなりませんでした。どののサイトのレビューでもいいですが、明らかに低いものが多い場合は避けたほうが良さそうですね、星の数に限らず。

3,貧乏だからいけない
お金をケチったのは自分に予算がなかったからです。貧乏でいいことはなにもないですね。
もっとお金を稼ごうと思いました。

おすすめの記事