http://www.entrepreneur.com.ph/

アントレプレナーphに記事がありましたのでご紹介。元々のデータはThe Economistのようです。

MBAといえば、めちゃめちゃ取るのが大変で莫大なお金がかかる、ただしその分所得すれば報われるイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

年収なんと1,000万以上

世界のトップ100に入る学校で一番良いのはスタンフォード大学!

年収は144,455ドルとのことなので日本円で1700万円、1800万円らへんでしょうか。

続いてハーバード、その次がペンシルバニア、シカゴ、コロンビア大学と続いています。
ここらへんも120,000ドル以上です。

この記事にはどこに書かれているかわかりませんでしたが、恐らく初任給かと思われます。

さて、ではこれらの学校に入る、正確には卒業するためにはいくらかかるのでしょうか?

The Economistのデータではスタンフォード大学は$123,533とのことですので、1500万円近くかかりますね。
これ以外にも生活費がかかるわけですから、トータルしたらとんでもない金額になりそうです。

とはいえ、卒業したら払った分以上の金額を一年で手に入れることが出来ることを考えれば、コスパの良い投資なのかもしれませんね。

最近はトランプの影響で短期留学はともかく、正規留学は日本人が留学許可が得づらい状況があるようです。

アメリカの一流大学でMBAを検討している方は、お金の準備だけでなく、きちんと許可されるような様々な下準備が必要なのは間違いないですね。

ちなみに、アメリカへの語学留学であれば、私の知人が運営している留学情報館がおすすめですよ!w
ハワイ留学や親子留学、あとはロサンゼルス・サンフランシスコらへんへの留学に強いみたいですので。

おすすめの記事