最近、糖質とナス科の食べ物を出来るだけ口に入れないようにしている私です。

なんでも、糖質もナス科の食べ物もアレルギーに良くないらしんです。ナス科というと、ナス、ピーマンだけでなくトマトやジャガイモも入ります。全部好きな食べ物なのでちょっと辛いですねー。

まあ、アレルギーな方がもっと辛いんですがw

セブパシフィック
さて機会があり、セブパシフィックのマーケティングチームとランチミーティングをしてきました。

セブパシフィック
場所は「GINZA」という華僑が運営する和食料理店です。

この和食料理店は鉄板焼きも楽しめる高級店なのですが、日本人というよりは中華系フィリピン人に好まれるレストランですね。

マップでいうと、バニラッドにあるミートハウスの近く。セブ島の初心者におすすめな語学学校、TARGETの近くでもあります。

セブパシフィック
テーブルにはセブパシのプラモデル。

まずは朗報!

1、セブパシフィックは12月からセブ成田で毎日運行する

ご存知の方も多いかと思いますが、セブパシフィック航空は今までは成田・セブ間は週に4便でした。しかしながら、12月からなんと毎日運行する事が決まったようです。

バニラエアが11月から運休に入るので、ちょうど入れ替わりでしょうか。非常に助かります。

セブパシフィック
セブ島というキーワードは緩やかではありますが、上昇しており、今後も多くの観光客が見込めます。(テロでも起こらない限りはですがw)

セブパシの方がなぜこういったイベントを主催してくれたのかといえば、もちろん日本のマーケットを重要視しているからです。

セブパシフィック

セブパシフィック
セブパシの機体数は現在67だそうで、毎年5つぐらいずつ増やしていくとか。イケイケですねー。

セブパシフィック
毎週2700便も飛んでいるとのこと。逆に2700便を67機体で回していることに驚きました。
だいたい1日400便を67機体で回している計算になりますね。

って計算して見ると1台あたり6便!?多すぎないような。。。
フィリピン国内なら1時間〜2時間程度でほぼ全部移動できるので、たしかに24時間運行し続けたらいけますね。

セブパシフィック
今後は大阪とマニラ、福岡とマニラのルートも作るとのことです。

セブに来る場合は今のところ、セブパシを使うのであればダイレクトフライトがない場合はマニラ経由になります。ただ、マニラ経由の場合でもターミナルは一緒なので移動は便利です。マニラからの遅延はよくありますが、マニラへの遅延は少ないので、その点でもセブパシは安心。

セブパシフィック
最後に日本支社を開く理由について解説してもらいました。

セブパシ自体は間違いなく、日本のマーケットを重要視しており、今後力を入れていきたい国のようです。

機会があれば日本支社にお邪魔して、セブパシがどのように日本でマーケットを広げていこうと考えているのか、日本人スタッフの方からお伺いできればとも思っています。

私個人はセブパシを使いまくっているので、自信をもっておすすめしますよ。

セブパシチケットの購入方法は俺のセブ島留学内のこちらの記事で
セブパシフィックで留学費を抑える!格安航空券の予約から搭乗までの攻略

おすすめの記事