以前から食べ物アレルギーに関する血液検査を受けてみたいと思っており、先日思い切って高額な「アンブロシアの遅延フードアレルギー検査フルパネル!」受けましたので、受ける過程や結果をご紹介します。

TRAC編はこちら

受けた理由

TARCと同じですが、これは単純に私がアトピーで食べ物に気をつけなければいけないと、真剣に考え始めたからです。

今まで小麦や砂糖、その他色々な食べ物が体に悪いから、控えるように・・・というような本を読んできて(ジョコビッチ的なw)、なんとなくなるべく控えてきたのですが、実際本当にどの程度悪いかはわかりませんでした。

中々アレルギーが治らないので、そもそも根本的に間違っている可能性もあるのではないかと思い、食べ物アレルギー検査をするに至りました。

自宅でやるか、病院でやるか

そもそも食べ物アレルギーに関する血液検査は、病院で受ける方法とネットで受ける方法があります。

都内であれば調べれば結構色々な病院でやっているようですが、地方の方は大変かもしれません。私自身は電車に乗りたくないので(苦笑)、ネットでやってみることにしました。

ネットで受けるにはアンブロシアの血液検査がどうやら一番有名なようです。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
http://www.ambrosia-kk.com/

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
私はこちらの219項目の遅延型アレルギー検査を受けました。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
実際に届いたアイテムがこちら。

簡単にいうとこのキッドで、自分の指先をちくっと針を刺して、血を出します。そして、その血をスポイト的なもので吸い上げて、採取します。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
やり方はきちんと説明書を用意してくれているので確認してください。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
このNGが非常に重要です。

というのも、実は私、採取に一度失敗してしまい。問い合わせた所、もう一度別のキッドを送ってくれました。

このキッドを使ってみて難しいと思った3つのポイント

1、そもそも自分の手にキッドを刺せるかどうか

大して痛くはないのですが、自分で自分の指を刺すので意外と度胸がいります。このキッド自体の価格が安い方で3万円、高い方で4万円もするのでさすがにやりましたが、これが五千円ぐらいだったらビビってやらなかったかもしれません(笑)。

繰り返しますが、大して痛くありません。人間ドックで血液検査してもらうより痛くありませんが、自分でやるというのがキモですw

購入した方はぜひ最後までやってくださいね!

2、スポイトでの吸い方が難しい

ちくっと指すのですが、あくまでチクっとしか刺さないため、10分ぐらいすると血が止まってしまいます。

そのため、重要なのは刺してから5分以内ぐらいにスポイトで吸い上げる事です。ただ、これが結構難しかったです。

こつはスポイトで吸い上げたら、そのあと綿棒ですぐに血を吹き、綺麗にしてから再度血を出す事です。

綿棒を使わずに続けると、血がダラダラと流れてしまい、スポイトで吸い上げにくくなってしまいます。

私はこれができずに、再度採血することになりました。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
再度採血するときには、このブルーのタイプが入っており、少しだけ広く刺せるみたいです。ブルーは血がすぐに止まらず、非常にスムーズに採血ができました。最初からこれを送ってくれればよかったのに・・・

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
こんな感じで2本採血します。量は本当に少量ですよ。

3、先にキャップの蓋をする

これも注意事項にちゃんと書かれているのですが、読んでいませんでした。
先にキャップの蓋である、吸い上げたスポイト部分の先端をフタしてください。逆に奥側からフタしてしまうと、空気圧でスポイトで吸い上げた部分から血が出てしまいます。
これも失敗した大きな理由です。

この3点さえ注意してもらえれば、大抵はうまくいくと思います。

重要な点は「仮に失敗しても、問い合わせすれば、先方から再度キッドを送ってくれる」という点です。

なので、一応、保証みたいな感じでその部分失敗してもカバーしてくれるので安心してください。

結果

肝心の検査結果はこちら
レベルは6段階で1ぐらいまでがギリギリおkです。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
まず最悪なのが、牛乳、卵白、カゼインです。
カゼインはプロテインで有名?ですが、基本的に牛乳に入っているものだったりします。ベビー用のミルクにも入っている可能性があるんですねー、調べた所によると。赤ちゃんでアレルギー反応が出る子はカゼインが入っているミルクを飲んでいるからかもしれません。

とにかく、私にとって牛乳と卵は危険すぎることがわかりました。卵はデザートにも大量に入っているし、お好み焼きにも入っているし、、、で結構厳しいですね。

それに対して真ん中付近の肉類はほぼアレルギー無反応でした。実際、世の中に肉アレルギーはほとんどいないらしいです。人間は肉があれば生きていける!

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
毎日サムギョプサルするしかない!

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
続いてやばかったデータがこれ。
豆類はえんどう豆、ピーナッツはアウト。大豆はギリセーフのため、一応納豆や豆腐も適量以外は控えた方が良さそうです。

納豆・豆腐は一般的に体に良いと言われていますが、私にとってはアレルギーにつながる可能性があることが分かりました。

追い討ちをかけるのがその下のグルテン系。
小麦、大麦、ライ麦は全部危ないですね。やはりグルテンが危険というのは本当のようです(人によると思いますが)。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
ピザ大好きなんだけどなぁーw

さらにその下、とうもろこしと白米!
白米もアレルギーになる可能性が高いようで、もはやここまでくると何も食べるものがありません苦笑。

白米は調べた所、アルブチンという成分がアレルギーを引き起こすようで、それがカットされているものなら、大丈夫な可能性もあります。
自分自身が米アレルギーだと知らずに、米を今まで大量に食べてきたわけです。そりゃー治らないわけです。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
続いてフルーツと野菜類
フルーツは意外とアレルギー反応は低かったです。マンゴーのようなアクが強そうな食べ物も、米に比べたらまだマシ。バナナはレベル1なのでたべれそうです。これでお腹いっぱいにするしかありません笑

野菜では主力のキャベツとジャガイモがアウト、マッシュルームやかぼちゃ、大根(ラディッシュ)も危ない。。。

アトピー患者の私がアンブロシアの遅延アレルギー検査フルパネルを受けた結果
続いてその他、パンでよく使われるイースト菌はもちろんダメで、お菓子類も高いアレルギー反応がありました。

唯一の救いはコーヒーが0アレルギーだったことです。これだけは本当に助かりました。まあ、コーヒーが大丈夫なだけでカフェインが大丈夫かどうかは別なのかもしれませんが。

まとめ

とまあ、本当に私の体はアレルギー反応が起きやすい状態なんだと分かりました。

この検査のおかげで、以前に比べて日々の食生活を気にするようにはなりました。ご飯、小麦、じゃがいもなどの炭水化物を特に注意し始めています。。

病院の先生や漢方の先生は、「野菜中心に食べなさい、肉はやめなさい、米はおkで小麦はだめ、魚はおk」とか色々いうと思いますが、そのアドバイスが完全に自分に合うかどうかは別です。

セーブし始めたそのおかげか、アレルギーも少しずつではありますが改善している状況です。まあ、完璧に避けれているわけではないので、完治には時間がかかりそうですが。。。

もしアトピーの方で何をたべて良いか悪いかの判断がつかない方がいれば、検査費用は高いですが、一度受けてみる事をおすすめします。

また、どうせ受けるなら4万円の高い方がおすすめです。より詳しく分かりますので。。。

おすすめの記事